歯磨き粉@研磨剤なしでも美白も可能なホワイトニングジェルランキング

このサイトでは研磨剤なしの歯磨き粉で歯の着色汚れを落として美白が叶う
ホワイトニングジェルについて紹介しています。
歯磨き粉@研磨剤なしで着色を落とし美白が叶うホワイトニングジェルランキング
できるだけ研磨成分なしの歯磨き粉が使いたい
研磨剤なしで美白効果がある歯磨き粉はないの?

 

このような方はこのサイトの情報を参考にしてくださいね。

市販の歯磨き粉で研磨剤なし、美白効果がある歯磨き粉はほぼない!

このサイトを見て頂いている人はすでに知っているという方がほとんどだと思いますが、
市販の歯磨き粉で研磨剤なしの歯磨き粉はとても少ないです。

 

市販の特に1000円以下で購入できる歯磨き粉となると数えるほどです。
私も全く使っていないわけではありませんが、研磨剤・発泡剤・香味剤といった
体にとってデメリットが多いというのが1000円以下の安い歯磨き粉に多い特徴です。

 

単純に考えて、安く作れる、消費者が磨いているように錯覚できる歯磨き粉ほど
売れるわけなので当然と言えば当然なのかもしれませんが・・・。

 

なので研磨剤や発泡剤、香味剤を使っていない市販の歯磨き粉で
尚且つ安くい歯磨き粉というのはまずありえないと言えます。
ましてや研磨剤なしで美白効果が期待できる歯磨き粉は皆無です。

 

おそらく市販で探すと研磨剤なしで美白効果が期待できる歯磨き粉だと
シュミテクトトゥルーホワイトが研磨剤なしの歯磨き粉で一応美白成分が配合されている歯磨き粉です。

 

値段も通販で購入すれば1000円超えない程度で購入できるでしょう。

シュミテクトは知覚過敏とか歯周病予防の歯磨き粉シリーズが多いですよね。
でも私が思うに市販の商品って安い以外にメリットが少ないんですよね。

 

実際に私も歯磨き粉はもちろんですけど、歯ブラシとかフロスなんかも
通っている歯医者さんで買ったりすることが多いです。

 

高いのがひじょ〜に難点なのですが、やっぱり実際に使ってみると
こっちのほうがいいなと思うものがほとんどです。

 

で、研磨剤なしで歯の着色汚れを落として美白が期待できる歯磨き粉というと、
最近は汚れを浮かせて剥がすホワイトニングジェルが人気になっています。

 

研磨剤や発泡剤なしの商品がほとんどなので、最初は磨けている気がしないかもしれませんが、
慣れると泡立ちなんか気にならなくなりますし、むしろしっかり磨くことができるので
着色汚れが落ちるだけじゃなくて歯もツルツルに感じるほどきちんと歯磨きができるのでオススメです。


研磨剤なしの美白歯磨き粉ランキング

研磨剤なしの美白歯磨き粉ランキングはははのはの特徴

 

・製薬会社との共同開発歯磨き粉
・安心の6つの無添加ハミガキ
・10日間の返金保証付き
・ポリリン酸&メタリン酸でWの美白効果
・歯の着色汚れを分解するパパイン配合

 

といった感じです。

価格 3500円
内容量 30g
備考 定期購入で初回1980円以降2980円(縛りなし)
研磨剤なしの美白歯磨き粉ランキング1位 はははのはの総評

6つの無添加で安心・安全に利用できる研磨剤なしの歯磨き粉がはははのはです。
医薬部外品ではなく化粧品の分類ですが、ポリリン酸&メタリン酸のホワイトニングは
審美歯科でのホワイトニングにも利用されているので歯の美白に欠かせない成分と言えます。
美白成分と基本的な成分以外の余分なものは一切口に入れたくないという方にオススメです。

 

 

研磨剤なしの美白歯磨き粉ランキングプレミアムブラントゥースの特徴

 

・世界五か国で売上NO1の歯磨き粉
・歯科衛生士もオススメの成分
・流行りのオイルプリングができる歯磨き粉
・メントール、キシリトール、ハッカ葉油でスッキリ
・GMP認定工場で製造

 

といった感じです。

価格 9980円
内容量 30g
備考 定期便で初回6000円OFF

 


研磨剤なしの美白歯磨き粉ランキング2位 プレミアムブラントゥースの総評

プレミアムブラントゥースは研磨剤なしで美白効果があるパパインといった成分はもちろん、
最近セレブの間でも話題になっているオイルプリングができる歯磨き粉ということで話題です。
オイルプリングに関しては賛否両論分かれるところですが、賛成派で話題の美容法を
取り入れたいという方にオススメです。

 

歯磨き粉@研磨剤なしで着色を落とし美白が叶うホワイトニングジェルランキング

研磨剤なしの美白歯磨き粉トゥースMDホワイトEXの特徴

 

・歯のトータルケアができる成分も配合
・90万本を超える累計販売個数
・14日間の全額返金保証
・歯科医師もオススメ!

 

このような感じです。

 

価格 3560円
内容量 25g
備考 まとめ買いでよりお得に!
研磨剤なしの美白歯磨き粉ランキングオススメ3位 トゥースMDホワイトEXの総評

トゥースMDホワイトEXは長年販売されているホワイトニングジェルで改良に改良を重ねて販売されています。販売本数は全て合わせると90万本を超えているほど売れている商品です。昔は医薬部外品として販売されていましたが、現在は医薬部外品ではなくなっているようです。最新バージョンでは以前の商品に比べると泡立ちが良くなったという口コミが増えています。独自成分ウルトラメタリン酸EXが配合されている点など、着色を落とし美白にするための基本的な成分については変わっていません。

 

私が使っている研磨剤なしの美白用歯磨き粉ははははのは

ここまで研磨剤なしで美白成分配合の歯磨き粉を3つ紹介してきましたが、
私が実際に使っている&オススメの研磨剤なしの美白用歯磨き粉ははははのはです。

 

歯磨き粉@研磨剤なしで着色を落とし美白が叶うホワイトニングジェルランキング
研磨剤成分を始めとして発泡剤など歯磨き粉には何かと不安な化学成分が配合されていることが多いですが、はははのはは研磨成分や発泡剤に加えてパラベンや着色料など6つの無添加で安心して使えるという点です。

 

子供でも問題なく使えるのでお子さんの歯が着色汚れで黄色いな〜と感じている方は一緒に使うこともできます。また、歯の美白成分に関してもセルフホワイトニングでもよく利用されるポリリン酸&メタリン酸が配合されています。

 

これらの成分はセルフホワイトニングに通っている人の間でも歯の美白に関しては定評のある成分です。
ココナッツオイルやパパインもそれぞれ口の中の乾燥を防いでくれる、歯を白くする食べ物としても知られるパパイヤの主成分ということで美容サイトや雑誌でもお馴染みの成分です。

 

安心安全で美白効果のある成分もしっかり配合されていて、料金もお買い得♪
定期便で初回限定割引になりますが、○ヶ月受取り必須みたいな定期縛りがないのも嬉しいですよね!

 

 

研磨剤なしの歯磨き粉を見極めるポイント

研磨剤なしで美白効果が期待できる成分を配合している歯磨き粉について紹介してきましたが、ここで紹介した商品以外の市販の歯磨き粉に研磨剤が入っているかどうかを見極めるポイントを紹介したいと思います。

 

歯磨き粉@研磨剤なしで着色を落とし美白が叶うホワイトニングジェルランキング
なぜなら、広告や販売サイトで「研磨剤なし!」「研磨剤フリー」と書いてあるにも関わらず研磨成分が配合されている商品があるからです。

 

なので広告や販売ページの文言に騙されずにしっかり成分表示を見て自分で判断しましょう!
歯磨き粉の成分表示は配合量に関しては記載されていませんが、配合成分は全成分表示されています。
そして、配合目的についても記載されています。

 

例えば「基剤」とか「香味剤」とか「発泡剤」などですね。
そして、研磨剤と記載するとイメージが悪いので研磨成分を別の表記にしているメーカーがほとんどです。

 

広告や販売サイトで研磨剤なしと謳っておきながらしっかり研磨成分が入っている歯磨き粉のカラクリはここにあります。
ただ、研磨剤という表記がない=研磨剤なしと言っているだけなんです。そんな商品あるの?と思うかもしれませんが、楽天市場で一時期ランキングに入っていた歯磨き粉もこのパターンだったことがあります。

 

研磨剤は現在成分表記では「清掃剤」と表記されることが多いです。(歯磨き粉のメーカーによって表記方法は色々ありますが。)成分名としては何種類かありますが、「無水ケイ酸(シリカ)」「含水ケイ酸」「炭酸水素ナトリウム」「炭酸カルシウム」「水酸化アルミニウム」「リン酸水素ナトリウム」「リン酸水素カルシウム」などです。

 

なのでこれらの成分が配合されている歯の美白目的の歯磨き粉は研磨成分入りの歯磨き粉になります。
稀に「粘結剤」という成分表記があり、そこに無水ケイ酸(シリカ)が使われている歯磨き粉もあります。

 

粘結剤というのは液体の歯磨き粉を歯磨きしやすいように固めるためのもので粘性がある成分が使われます。
粘結剤として使用される分には配合量が少なくなるので研磨作用も少ないと言われています。

 

配合量が気になるという方は歯磨き粉の成分表記は配合量が多いものから順に表記されているので粘結剤が上のほうに記載されている場合は敬遠したほうがいいかもしれませんね。

 

研磨成分に関する知識を知ってから市販の歯磨き粉の販売サイトを見ると「あっ、これ嘘だな」という商品が結構あるので面白いですよ(笑)

 

 

 

研磨剤なしの歯磨き粉のメリットとデメリット

研磨剤なしの歯磨き粉を使用することでどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

研磨剤なしの歯磨き粉を使うメリット

研磨剤は使い続けたり、オーバーブラッシングをすることで歯の表面に傷が付いてしまいます。
つまり、研磨剤なしの歯磨き粉には研磨力がないので歯の表面が削れることがありません。
特に小さな子供の歯は柔らかくてデリケートなので小さなお子様や電動歯ブラシを使っている方にとってはメリットでしょう。
また、歯の表面が削れてしまうとそこにできた凹凸に歯の黄ばみの原因であるステインが付着します。
よって、研磨剤なしの歯磨き粉のメリットをまとめると、健康的な歯を保つ、着色汚れが付きにくい歯になる。
この二つが主なメリットと言えるでしょう。

 

研磨剤なしの歯磨き粉を使うデメリット

研磨剤なしの歯磨き粉はステインを落とすチカラが弱いと言われています。
当サイトで紹介しているような着色汚れやステインを浮かせて落とすことができるホワイトニングジェルなら
話は別ですが、例えば市販の歯磨き粉で研磨剤なしで有名なコンクールにはステインを落とす効果はありません。
言い換えるなら研磨剤なしの歯磨き粉のデメリットを無くしたのが当サイトで紹介しているホワイトニングジェルなのです。

 

研磨剤なしの歯磨き粉にはこのようなメリットとデメリットがあります。
ステインを落とす効果がない研磨剤なしの歯磨き粉を使っている人は定期的に歯医者さんでクリーニングをしたりして溜まったステインを落とす工夫をしているようです。

 

でも手間を費用を考えればホワイトニングジェルが一番楽だと思います。

 

研磨剤なしでも着色汚れを落として歯を白くすることができる歯磨き粉は?

 

 

基本的に研磨剤なしの歯磨き粉はステインを除去する効果がないか、弱いかのどちらかですが、当サイトで紹介しているようなホワイトニングジェルに配合されるメタリン酸やポリリン酸、リンゴ酸、パパイン、ハイドロキシアパタイトなど歯の着色汚れを吸着したり、浮かせて剥がしたりすることでホワイトニングができるアイテムも最近は増えています。

 

個人的に使ってみた感想ではハイドロキシアパタイトよりもメタリン酸やポリリン酸、リンゴ酸のほうが着色汚れを落とす効果があるし、口コミを見ても効果を実感している人が多いような気がします。ハイドロキシアパタイトは汚れの吸着もそうですが、ホワイトニングよりも、歯の再石灰化を促進する効果のほうが高いんじゃないかと個人的には思います。歯医者でのトリートメントにも使われたりしているので。着色汚れを落とす・・・よりは着色汚れの付着を予防するといったほうがしっくりきます。

 

>>>研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉はコチラ